共働き大企業デザイナーパパの葛藤

アラサーの大企業に勤めるデザイナー。側から見れば煌びやか。でも実情は将来の不安しかない。果たしてこのまま進んでいいのか?それでも子供は成長していく。葛藤に悩む私の話。

娘の教育にThink!Think!がオススメな理由

 

https://think2app.hanamarulab.com

 

1.Think!Think!とは

・概要

2.オススメな理由

・理解度

・継続度

・適切度

3.娘の様子

・ユースシーン

・副次的効果

4.まとめ

 

 

1.Think!Think!とは

花まるラボという会社が提供する、子供の「思考センス」を鍛える為のアプリ。「思考センス」とは、物事の背景や本質を見出し、自ら解決へ導く力です。

対象年齢は5-10歳ですが、4歳のうちの子は3歳11ヶ月のときに与えてみました。


このアプリの問題は算数オリンピックの問題作成をしている川島さんという方が監修しており、問題の質は親が見ていても良く考えられてるなぁと唸るほど。

ちなみにグーグルベストアプリにも選ばれています。

しかもそんなアプリがなんと無料なのです。もとは1600円だったのですが、教育格差をなくし、全ての人に学ぶ機会を提供したいという花まるラボ代表の想いから無料に。なんて太っ腹なんだ。そもそもマネタイズどうしてるんだ?という疑問はありますが。ユーザー側からしたらとってもお得です。

 

2.オススメな理由
・問題がインタラクティブで分かりやすく楽しい 理解度

簡単に言ってしまうとゲームです。昔小学生の頃に一度は考えたテレビゲームが勉強だったらいいのにを体現したものです。

やはりインタラクティブな動画ベースで問題を解くというのがこのアプリ最大の特徴かと思います。操作に対し、すぐに反応があり正解が分かると、それだけで嬉しい気持ちに。うちの子も一問といて丸がつくたびにキャッキャ言ってます。また、インタラクティブな強みを生かし空間をグリグリ回したり、展開図が組み上がる様子を動画で見せたりとスマホもしくはタブレットという機器のポテンシャルを最大限生かしている様に感じます。

問題用紙に鉛筆で回答を書き、全部終わったら答え合わせするといった従来の勉強スタイルでは得られない学びがあります。(とはいえ、じっくりと紙に向き合うことの必要性も感じているため、これが全て正しいというつもりもありません。)


ゲーミフィケーションで毎日飽きない 継続度

継続は力なりとよく言われますが、その継続をする為の工夫が上手く設計されています。私が考えるに、承認欲と自己実現欲です。

承認欲は簡単に言うと評価とランキングです。各問題ごとの成績でS〜Dランクの評価がつけられるのですが、評価が上がるのが余程嬉しいのか仕事が終わって帰ると毎回報告してくれます、ランキングはアプリをインストールしている子供達とオンライン競うことが出来ます。同い年の子との比較なので大体どの辺の位置なのかが分かります。

自己実現欲はレベルと証です。問題をクリアすればするほど経験値をもらえレベルが上がり、様々なミッションをクリアすると証がもらえる。これはまさにRPGゲームと同じルールですね。また、各問題にもステージというものがあり、ステージが上がるほど難しくなって行きます。この辺の設計も上手いなと思うのが、子供の理解度に応じて問題が変わるようになっています。考えてみれば当たり前なのですが、教室に30人生徒がいても教える内容は均一というのが私が小さい頃に受けた学校教育。当然分かっている子には物足りなく、分からない子は置いてけぼり。得意不得意はあるものなので、理想的にはひとりひとりに最適な内容が好ましい。当時は受けたくても受けれなかった教育がここにあるのです。余談ですが、今後は個人最適化は当たり前になっていくでしょうね。先日発表されたZOZOSUITは服の個人最適化。ランサーズなどのスキルシェアリングは働き方の個人最適化など。そのうち、ひとりひとりの栄養バランスを考慮して毎食お弁当が届くみたいな、食の個人最適化サービスも出てきそうですね。


・1日10分でやり過ぎない 適切度

そんなに楽しいアプリならずっとやってるんじゃない?と思うあなた。そこも上手いこと考えられてます。このアプリは制限時間3分の問題を3つまでしか出来ないようになっています。どんなにやりたくても3つまで。うちの子はあまりにもやりた過ぎて別のiPad引っ張り出して始める始末。我が家ではYouTube よりはましかと思い許可してます。ただしやる事全て終わってから。


3.娘の様子
・保育園から帰ってきたらまずやる

とにかく大好きで、毎日やってます。平日は仕事から帰るとほぼ終わっていますし、休日は朝食後すぐにやっています。とにかく好きなようで、たまに問題のBGMを口ずさんでいます。


・レゴが得意になった

Think!Think!がどれくらい影響を与えているかは分かりませんが、レゴが非常に得意で、6-12歳向けのレゴはひとりで勝手に組み立ててます。また、いろんなパーツを組み合わせ、自分でテーマを決め作品を作っている姿も見られます。驚いた作品は「ロボット飛行機」でサンタさんが乗って自動でプレゼントを配るそうな。想像力がぶっ飛んでます。

 

・絵が上手い

若干親バカと言われるかもしれませんが、絵が上手いと感じています。(一応私も美大卒なので上手い下手は分かるつもり)そう感じた点は、祭のポスターを描いた際、金魚すくいの水槽に正しいパースがついていて、しかも三点視点法になっていた事。私ですらたまにパース怪しいのに、4歳にしてもう描けるなんてちょっと恐ろしい。


4.まとめ

思考センスという普遍的な能力を、お子さんの習熟度に合わせ個人最適化して学べる。しかも自ら進んで適度な時間やるようになるいい事しかないこのアプリ。自信を持ってオススメします。

 

App名: Think!Think! シンクシンク、デベロッパ: 株式会社花まるラボ