共働きデザイナーパパの子育てと趣味の日記

デザイナー視点での子育てに関する情報発信と趣味の日記です。

何で革靴デニムスタイルなの?なんかメリットある?

 

革靴デニムが何かは分かったが、毎日のようにその組み合わせで飽きない?毎日同じだとオシャレじゃないと思われそうとか、色々と感じますよね。

しかし、全く問題ありません。むしろ基本を抑えたオシャレな人という印象を与え、更に定着させる事も可能です。

 

■リアルオシャレは足元から

オシャレは足元からという言葉、由来は諸説あります。

 

大抵の人は服に気を使いますが、足元まで気を配るのは本当にオシャレな人。だから足元を見れば分かる。なので今でもホテルマンは靴を見るそうです。

 

足元を見るというのも、江戸時代、旅人が宿に泊まる際、宿の主人は旅人の足元を見たそう。草鞋がボロボロであれば、長く歩いてきて疲れている証拠で、多少ふっかけても泊まるぞ、との判断基準にしたそう。

 

よくよく考えれば、宿の主人はホテルマンですね。

 

いずれにせよ、足元を見ればその人の状態が理解出来るという事。

 

逆に、しっかり手入れされた靴を履いていれば、トップスは「こういうスタイルのファッションなんだね」と麗しい誤解をしてくれます。

 

実際、私も靴以外全身ユニクロの日もあります。しかし、ファッションに関して話した際、誰も全身ユニクロだとは思っておらず「全身マルジェラだと思ってた!」と、とても驚かれた経験があります。

「逆にそんなわけあるかっ!」

 

やはり靴って重要ですね。

 

■万能だから存分に楽しめる

以前、革靴デニムは相性が良いというお話をしましたが、実はこの組み合わせで全身の半分以上のファッションが決まっているのです。

 

なので、今日の気分に合わせて革靴デニムを決めれば、あとはトップスを選ぶだけ。トップが合う合わないの判断をすれば良いだけですので、とっても楽。

 

大外しが無い分自分の持ち服を色々試すことが出来、服選びが楽しくなりますよ。

 

■私服の制服化で効率化

こちらは最近私が取り組んでいることで、とっても楽なのでご紹介。

 

仕事には私服で行きますが、制服のようにフォーマットを決めてしまってます。

 

というのも、子供が2人おり保育園への送りで朝はバッタバタ。1着ずつ合わせてる余裕なんてありません。なので、どの組み合わせでも成り立つ服を購入しています。

 

どういうことかというと、デニムはネイビーなので気に入ったシルエットのものを数本大人買い。シャツは白を大人買い。ジャケットは、濃いめのネイビー、黒、グレーで気に入ったものを購入。靴は気に入ったものを購入。

 

この組み合わせなら、どう組み合わせても失敗はありません。むしろ革靴デニムでオシャレ人という印象を与えられます。

 

■アイコン化

テレビを見ていて、後ろの方に写っているのに誰だか分かるという経験はありませんか?

 

それは知らず知らずのうちにその人のアイコンを認識しているから。

 

例えばAKB48で言えば、麻里子様は絶対ショートヘアでした。あれだけ人数がいる中で覚えてもらうための戦略だそう。スティーブ・ジョブズも黒のタートルネックでしたよね。

 

あなたの周りに革靴デニムの人がいなければ、制服化で毎日履いてアイコン化し、革靴デニムのオシャレさんとして認識してもらうことが出来ます。

 

■まとめ

・足元がオシャレだと全身オシャレと思わせられる。

・万能で外さないから自分なりのオシャレにチャレンジ出来る。

・制服化とアイコン化で革靴デニムのオシャレさんという印象を定着出来る。

 

革靴デニムって色々メリットあって素敵ですね。あなたも、革靴デニムで「他にこんないいことあったよ」という事例があったら教えて下さいね。

 

ではまた。