共働きデザイナーパパの子育てと趣味の日記

デザイナー視点での子育てに関する情報発信と趣味の日記です。

驚き!子供と遊びに行く秋の那須高原おススメスポット。

 

子供とのお出かけって、親はプラン立てて、準備して、車運転して、お金を出す。いざ行っても、子供に楽しんでもらう事がメインで、正直自分が楽しむことを忘れてしまいがちですよね。

しかし、秋に遊びに行った那須高原は子供も大人も十分楽しめ、心も身体も充実したお休みだったので紹介します。

 

▪️那須高原って?

那須高原は栃木県の北部にあり、東京から新幹線で約1時間。自然豊かで夏でも気温が高くないことから避暑地として有名です。皇室の別荘があることでも知られていますね。

 

そんな那須高原に11月に2泊3日で家族旅行に行く機会がありましたので、今回良かったトピックを3つ紹介します。

 

▪️ホテルエピナールの食事が素晴らしい!

 

まず、拠点となるホテルですが、ホテルエピナールという所に泊まりました。子供連れでも泊まれるホテルとして有名で、ベビー用品の準備や託児所、室内プール、那須の一般的なお土産が揃う売店など、充実の設備です。山の中に高層ビルを建てているため周りに遮るものがなく景色が綺麗で、トップ画の紅葉もこのホテル窓から観ることが出来ます。しかし、このホテルで素晴らしいのはズバリ食事です。楽天トラベルのランキングで朝食部門で全国一位など、実績も十分。ビュッフェ形式なのですが、地元の野菜や牧場の牛乳やそこから作ったアイスなどのデザートに加え和、洋、中と一度では食べきれない種類の料理が並びます。しかもどれも美味しい。親はお酒も進みます。実は、栃木県は酪農が本州で最も盛んな県。搾りたての牧場の牛乳は普段飲んでいる牛乳とは一味違いますよ。

一点だけこのホテルで注意すべきなのは、プールから大浴場への導線。廊下一本挟んだ反対側なのですが、水着の上にバスタオルではNG。そのため一旦ホテルの浴衣、又は私服に着替えないといけません。私は子供2人を連れてプールとお風呂に入れるというミッションがあったのですが、どれだけ大変だった事か…子連れでのプールから大浴場への直行は避ける事をお勧めします。ちなみに私が子供2人の面倒を見たのは、奥さんがホテル内のエステに行ってたから。女性の方は是非。

 

▪️動物王国の衝撃のパフォーマンス

せっかく那須高原に来たら、ここでしか出来ない体験を子供にさせたいですよね。そんな中おすすめなのが、那須どうぶつ王国。ここでは、様々な動物との触れ合いをテーマにしており、充実のラインナップ。今回行っただけでも、ウサギ、カピバラ、アルパカ、馬などにエサやり体験が出来ました。馬とラクダのライド体験があり、4歳の娘は初めて馬にも乗りました。

 

そんなどうぶつ王国の中で最も衝撃だったのが、バードパフォーマンスショー。様々な種類の鳥の生態を利用したショーです。ハヤブサのハントの様子や、オウムとの爆笑トーク、ミミズクの無音飛行など、広い敷地を存分に活かしたパフォーマンスです。ミミズクの無音飛行は観客の頭スレスレを飛ぶよう調教されていて、まるで自分が狙われているかのような、大迫力でめちゃくちゃエキサイティングです。私の髪の毛を羽が撫でていったときは焦りました。都会の動物園では味わえない体験が出来るのですが、注意としてはこの時期(11月中旬)は極寒です。いつもより一段温かい服装で出かけましょう。

那須には他にも、りんどう湖ファミリー牧場那須サファリパークがあります。しかし、りんどう湖は乗り物なども充実しているが、子供が2人いると小刻みにお金がかかりコストパフォーマンスが悪い。那須サファリはライオンやキリンなど大型の動物がいて、バスの窓越しにエサやりが出来るが、なかなか自分の席の近くに来てくれず距離感が遠いため、触れ合いとして十分でないと感じました。なので、私の家族にはどうぶつ王国がちょうど良かったの思います。

 

▪️秋の味覚が最高

もう一つ那須高原の魅力として果物が挙げられます。今回は、りんご狩りをして来ました。那須から少し離れるのですが、矢板というところの岡本りんご園さんにお邪魔しました。

f:id:kosodate-design:20180116072644j:image

園主のおじさんの説明を聞いて、美味しいりんごの見分け方や取り方を教えてもらうと、すぐにコツを覚え取りまくってました!その場では食べきれないだけ取ったので持ち帰り、そのまま美味しくいただいたり、それでも余った分はジャムにしました。完熟りんごで作ったジャムはびっくりするほど美味しく、いつものアオハタジャムより子供達は手作りを気に入ったようで、一瞬にして無くなりました。果物に限らずですが、栽培しているところで、農家さんの話を聞き、自分で取るという経験は重要だと感じます。食べ物に対しありがたみを感じる事ができ、積極的に「りんご剥いてー」とねだって来ます。こういう体験を小さい頃にどんどんさせたいものですね。

注意点としては、あまりに楽しいためか、ずっとはしゃいで畑の中を駆け回ってますので、木の枝にぶつからないようにする事と、汚れてもいい服で行く事をお勧めします。今回は前日の雨で靴が泥だらけになったので、換えの物を持って行って正解でした。

 

▪️まとめ

那須高原は子供とのお出かけにお勧め出来る。

美味しい食事、普段出来ない動物との触れ合い、体験を通じた食育。短い間ながらも子供の成長を実感できると共に、大人であっても新たな気づきが得られる場所である。

 

そんな感じで、那須高原を訪れる際は参考にしてくださいね。

 

それでは。