共働き大企業デザイナーパパの葛藤

アラサーの大企業に勤めるデザイナー。側から見れば煌びやか。でも実情は将来の不安しかない。果たしてこのまま進んでいいのか?それでも子供は成長していく。葛藤に悩む私の話。

後悔するぞっ!子供が産まれたら写真共有アプリ「みてね」を入れること!

 

子供が産まれると可愛くて沢山写真を撮ってしまいます。子供が生まれたのを機に少し良いカメラを購入したという方も多いのではないでしょうか。沢山写真があると問題なのはその管理。子供の世話で忙しく、なかなか整理する暇がない。しかも親戚は写真送ってと催促してくる。こっちは大変なんじゃい!ってなってしまいますよね。

しかし、我が家ではたったひとつアプリを入れただけで、子供の写真管理のストレスから解放され、写真を撮るのが本当に楽しくなりました。それがこの「みてね」というアプリ。

本当におススメなので紹介します。

 

◼︎気軽に撮って気軽に共有

 

基本機能としては家族のアルバムを作り、メンバーを招待し、写真や動画を撮ってアップするだけ。子供の写真用家族限定のインスタだと思ってください。本当に気軽です。一眼で撮って読み込んで送って…って本当にしなくなりました。

 

◼︎離れた家族と成長を共有出来る

 

このアプリの大きなメリットとしては、母型の両親や父型の両親など、なかなか会えない人との共有でしょう。写真をアップすると電話かかってきたりと、新しいコミュニケーションが生まれるという点もGood。もちろんアプリ内でのメッセージやり取りも出来ます。実家で採れた食べ物や誕生日プレゼントをくれた時などは、反応を撮ってアップしてます。

ちなみに誰が写真を見たかの履歴も確認することが出来ます。祖父の履歴を確認して見たところほぼ毎日アルバムを見てる様子。どんだけ好きなんだ。

 

◼︎どこでも見せれる良いアルバムになる

 

スマホの写真は気軽に撮れる分すぐに溜まってしまいます。目的の写真を探そうと思った時中々出てこない経験ありませんか?私のケースですと大抵見せるのは子供の写真。ですのでお子さん大きくなった?って聞かれた時は「みてね」でアルバムを開いて見せてます。子供のお気に入りの写真は全てここにあるので、ここぞとばかりに親バカっぷりを発揮できます。

 

◼︎結果楽しいから撮る枚数が増える

とにかく撮って共有するのが楽しく、もっと良い写真を撮りたいという欲求から、カメラ性能の高いiPhoneXに買い換えました。ポートレートモードがなかなか優秀で一気にアプリ内の写真のクオリティが向上しました。おかげで一眼は10月の運動会から出番がありません。

 

◼︎まとめ

愛情とは、いかに共通の体験をしたかで形成されるという話があります。どうしても両親含め全員で住むことが難しい中、このアプリは家族全員に子供の成長を共有するという体験を与えてくれます。つまり、家族全員で子供に愛情を注ぐ機会を作ることが出来るのです。こんな素晴らしいアプリが無料とは、入れない理由が無いですよね。「みてね」本当におすすめです。

 

是非試してみて下さい。