共働き大企業デザイナーパパの葛藤

アラサーの大企業に勤めるデザイナー。側から見れば煌びやか。でも実情は将来の不安しかない。果たしてこのまま進んでいいのか?それでも子供は成長していく。葛藤に悩む私の話。

鬼嫁を相手にしてる子持ち共働きの方必見!ライオンを猫にする方法

 

突然ですが、あなたの夫婦関係大丈夫ですか?

今の世の中、自信を持って「大丈夫!」と言える家庭は少ないのではないでしょうか?

 

私も、トイレの電気を消し忘れたら「なんで消さないの⁉︎」と怒られ、嫁がトイレの電気消し忘れていたので「つけっぱなしだったよ」と伝えたら、「黙って消しといてよ‼︎」と怒られる。

 

ああ、出会った頃の彼女はどこに行ってしまったのでしょうか?と感じる事が多々ありました。

 

しかし、これでは子供にも良い影響を与えないと感じ、いくつかの行動を試した結果、ライオンからたまにひっかくネコくらいにはなったので紹介します。

 

 

 

 もくじ

◼︎何故嫁はモンスター化するのか?

◼︎たっぷり与える機会を作る

◼︎こまめに与える

◼︎スキンシップを図る

◼︎まとめ

 

 

 

 

◼︎何故嫁はモンスター化するのか?


・釣った魚に餌をあげない

しょっちゅう理不尽な要求をしてされていた時、嫁さんに言われた印象的な一言。

 

「あなたって釣った魚に餌を与えないよね。」

 

ほほう。

結構な言い方ですね。

しかし、よくよく考えてみるとなかなか深いことを言っている。

 

これがモンスター化のほぼ全てを表していると言っても良いかもしれない。

 

 

 

・餌とは何か?

簡単に言うと愛情である。

 

つまり、釣る前(付き合う前)は餌(愛情)をくれていたが、釣った後(付き合った後)は餌(愛情)をくれないという事になります。

 

確かに、付き合う前は、相手を好きになり、いかに自分を好きになってくれるかというゴールがあります。

 

付き合った後は、この人と結婚して、生活していけるかを見極めることがゴールになります。

 

結婚後は、しっかり子供を育てていけるかが重要になります。

 

要は、各ステージにおいて、重要事項が変わるのです。

 

付き合いたてのように愛情を注ぐことだけにフォーカスする訳にはいきませんし、より現実的になっていきます。

 


・子供が出来たら分け与えるためにもっと餌くれ!ピラニア化する。

 

決定的な変化は子供が産まれた後で、子供に愛情を注ぐため、自身の愛情が枯渇します。

 

自分を愛せないと、他人を愛せないと言うように、愛情(餌)に飢えているのです。

 

そして事あるごとにピラニアのように噛み付くようになります。

 

 

そうならない為に、

 

「愛情を注ぐことを忘れないようにしましょう!」

 

では、どうすれば良いか?

相手にもよるかと思いますが、私が試して効果的だった方法を紹介します。

 

 


◼︎たっぷり与える機会を作る

 

・記念日に2人きりで食事

これ付き合いたての彼女だったら当たり前ですよね。

 

しかし、結婚後はできてないという方がほとんどでははないでしょうか?

 

子供の世話や習い事の送り迎え、たまった家事を片付けていたら、いつのまにか休日が終わってしまっている。

 

そんな状況で行ける訳ないよ。って思いますよね。

 

分かります。

 

しかし、最近は便利なサービスが沢山あります。

 例えば、キッズラインというベビーシッターのソーシングサービス。

1時間千円からで格安で預けることが可能です。しかも経験豊富で、教育の行き届いたシッターさんしかいないため安心して預けることが可能です。

他にも家事代行サービスなど、低価格で利用できるものが数多くあるので、雑務を外注して自分の時間を作りましょう!

 

あとは、普段行きたくても行けなかったレストランを予約してあげて下さい。

 

記念日なら、変な疑いを持たれることなく、自然に誘えますよね。母親になっても祝ってほしい気持ちは子供のままなのです。

 

たとえ、2時間程度でも全ての家事から解放されて2人だけの時間を過ごすことで、貴方への噛みつきが大幅に軽減されますよ。

 

 


◼︎こまめに与える

実際の魚を飼育すると、餌をあげる他にも水を変えたり、水草を植えたり、友達の魚を連れて来たりと、健康状態を維持する為に沢山のやる事がありますよね。

 

ちょくちょく自ら率先してやる事で噛み付いてくる恐れが減ります。

 

とは言っても、こっちだって家事手伝ってるし、作業量多いじゃん!という方が多いのではないでしょうか?

 

分かります。

 

私も、朝食準備、子供の保育園の荷物準備、朝の送り、お風呂、寝かしつけ、洗濯、アイロン、食器洗い、次の日のお茶の準備、お風呂掃除、などなど、

 

十分作業量多いじゃん!

 

これだけやってるんだから文句言うなよ!という気持ちでした。

 

しかし、ある日作業量の問題ではないかもしれないと考えるようになりました。

 

重要なのはストレス度。

それが不満と直結するのではないかと。

 

嫁の最も重要なタスクは子供のお迎えです。

しかし、それは仕事と絡んできます。

18:00までに仕事を終わらせて迎えに行かなければならないプレッシャー。

それを一日中抱えながら、どんなに忙しくても仕事を効率よく進めなくてはいけない。

この、ストレスはかなり大きいのではないでしょうか?

 

つまり作業量ではなくストレス度で考える。

 ストレスとは自分のこうしたいという思いと、現実のギャップによって起こると考えます。

 

私の作業は量は多いものの単発で終わるものがほとんどで、デッドラインが決まっているものは少ない。自分のペースで進められ、仕事に関しては多少の残業はできる。

 

対して、毎日予想外のトラブルが起こる仕事を、確実に終わらせて保育園に迎えに行かなければならない。しかも帰ってきてからは、言うことの聞かない子供にご飯を食べさせる。

 

つまり、

 

作業量多い > 作業量普通

 

ではなく、

 

作業量多いがストレス少ない < 作業量普通でストレス多い

 

という事です。

 

こう考えると嫁ありがとうと思えますよね。

 

 


◼︎心と体のスキンシップ

仲の良い夫婦であるためには、スキンシップが

重要です。

色々と試してみましたが、抵抗感なく出来、効果的だったスキンシップを紹介します。


それはズバリ、マッサージです。

 

仕事に育児と休みなく働く嫁。

特に、父親ですら疲れる子供の抱っこを、華奢な身体でこなす姿には頭が下がります。

 

当然、首、肩、腰はバキバキ。

お疲れ!と言ってマッサージするのはいい導入です。例え下手でも、もうちょっと右とか、もっと強くとか自然にリクエストしてくれます。

 

そんな時、今日はどうだった?と話を聴く。

身体だけでなく、心もほぐすのです。

 

実は芸能人と美容師が付き合って結婚するのもこれに似ています。優木まおみさんや小倉優子さんが有名ですよね。

 

髪を切りながら話を聴き、心を開かせ、最後にマッサージ。毎月そんな事されているものだから恋に落ちてしまうのです。

 

当然夫婦間にも当てはまります。

たった5分でも効果的なので、是非試してみてください。

うちの場合は20分くらい要求されますが…

 

 

 

◼︎まとめ
・釣った魚に餌をあげないとモンスター化する

・その為には愛情という餌をあげること
・記念日などで2人だけの時間を取りじっくりたっぷり与える
・作業量でなくストレス度で考え負荷を減らす
・マッサージしながら話を聴くことで心と身体のスキンシップを図る

とはいえ、最も重要なことは嫁に対する感謝の気持ちです。それが無ければいくら形式的に紹介した方法を行っても意味がありません。

 

日頃からちょっとしたことでも「ありがとう」ということで、モンスターから付き合った頃の可愛い姿に変化していくでしょう。

 

皆さんの夫婦関係が円満になる事を祈ります!

 

それでは!